昭和官能エロドラマ 叔父に翻弄される美魔女の性虐悲哀物語

出演女優:川上ゆう(森野雫)。妻を亡くした悲しみを紛らわすために、同居する美魔女の姪へ性的な調教をするようになった叔父様。逃れられない主従姦通に溺れていく三十路おば様の悲哀を描いた昭和官能エロドラマ。
幼くして両しんを亡くし、叔父様のお家に引き取られた姪はお家政婦として働いていた。月日は流れ、三十代となった彼女は、なんとも言えない色香を漂わせる妖艶なおば様となっていた。このお家で下宿をしている青年は、美しい三十路女に心を寄せていた。危うい均衡を保ちながらの生活。だが、叔父様の妻が亡くなったことで、バランスは狂い始める。妻を亡くした寂しさから、叔父様はなにかと三十代の姪をいたぶるようになった。仕事をミスしたと平手打ちを食らわせ、怒鳴りつける。「す、すみません…わたしの責任です…」緋色く腫れた頬を押さえながら土下座する。だが鬼畜な叔父様は彼女を許さず、服をはだけさせると美乳を玩弄した。「やっ、止めてくださいッ」「うるさい!」男は恫喝しながら、ベージュ色のちくびをねちねちと弄び続ける。おぱんつのスリット部分を指で擦りあげ、マンスジを浮き彫りにする。「お願いします…もう許してください…」叔父様と肉ボディ関係を持ってしまうことは許されない。なにより、いつも優しく大スキだった叔母に申し訳が立たない。しかし、どんなに哀願しようとも叔父様は愛撫を止めようとはしない。それどころか下着を引き剥がし、直に陰部を虐めようとさえする。「それだけは……ッ」一線だけは越えてはいけないと、姪は必死に抵抗する。しかし叔父様は力任せにおぱんつを引き剥がし、縦に割れた陰部へと手を伸ばした。「ひいい…っ」おば様は悲痛な叫びを上げるも、プッシーは愛撫に反応しては蜜を湛え出す。「おまえだって欲しいんだろう?」叔父様はイヤらしい笑みを浮かべ、汚れた舌を陰唇へ伸ばした。おぞましい感覚の中で、とてつもない爛れた愉悦が三十路おば様の女ボディを喰らい尽くす。淫液がとめどなく流れ、男はそれを全て飲み干し喉を鳴らした。叔父様は勃起した真っ黒なマーラ様を掴むと、容赦なく姪の濡れ孔へと差し込む。「あぁぁ……っ」叔父様の生殖器に貫かれてしまったという絶望が、女の口から悲鳴となり響く。しかし叔父様は姪の悲哀など構うことなく、肉欲のまま腰を振り巨根を打ち込む。鬱屈した欲望を無遠慮にぶつけながら、舌を差し込み口内まで犯す。叔父様の濃厚な種汁が中に吐き出され、汗まみれの美乳や桃尻の震えはようやく止まる。この日から、三十路おば様は叔父様の性のはけ口となった。死んでしまった叔お母さまへの罪悪感で女の胸は塞がれる。しかし彼女は、憂いを帯びた妖艶な美しさに磨きが掛かった。それに応じるかのように、叔父様の調教も苛烈を極めてゆく…。

Up Next