五十路じゅくじょたちの裸肢体を舐め回すように撮影したヘアハダカ動画集

お●ぱい、お美ケツ、マンP、陰毛、アナル、腋の下、舌、うなじ。様々な体型の五十路おばさんたちが服を脱ぎ捨て、熟した女体を隅々まで晒していくヘアはだか動画集。
「ご家庭はここに来ていることは知らないんですよね?」「ええ……お互いのことは干渉しない気持ちです」旦那様とのセックスレスを匂わせる五十路人妻。肉付きのいい手脚。そして熟したお●ぱいは、ふわりとした服を着ていても巨大だとわかる大きさだった。「それでは脱いで貰えますか?」「……はい」ソファーから立ち上がり、スカートを落としてセーターを脱ぐ。桃色の下着には、はち切れんおばかりのムチムチでかぱいとでかぱいが息づいていた。「最近、異性に見せました?」「いやー、子供ぐらいです」照れながら、服を畳んで横に置く。ちょっと緩んだダンバラの肉が、ぱんつの上に乗っていた。下から舐めるように、カメラが五十路おばさんの肢体を写してゆく。もちもちの白い肌は柔らかそう。「あれ?お●ぱい右と左の大きさが違うように見えますね」「はい、左が(Cup)で、右がです」確かによく見ると、膨らみ方がまったく違う。「そろそろ、全部脱いでもらっても宜しいですか?」スタッフに促され、ブラジャーのホックを外す。左右大きさの違うちぶさが、ぷるんと揺れて飛び出した。躊躇いながらも足からショーツを抜き取り靴も脱ぐ。「羞恥です…」五十代の専業主婦は頬だけでなく、全身を緋色に染める。手はさりげなく身体の中心部を隠した。半世紀の人生をいきた女が、羞恥する姿はそそる光景だった。ぼっきした薄茶色のチク○にズームアップ。「カメラ目線ください」「うふふ、羞恥」馴れてきたのか、まんざらでもない様子でじっとこちらを見る。唇を開き、白い歯の隙間から真っ緋色な舌をちらつかせた。ワキの下を見せてもらうと、剃り残しの黒い斑点がガチに見える。股間も恥毛を処理しており、ざらりとした質感の中に女の割目がのぞいていた。「お美ケツ見せてください」指示を受け、ソファーに手を突いて巨美ケツをつんと着き出す。たっぷりとした美ケツ肉を左右に割れば、くすんだ色の排泄孔が現れた。「綺麗なアナルですよ、皺の数数えましょうか?」「いやあ……っ」五十路おばさんの肛門が、いやらしく収縮する。思わずぶち込みたくなる扇情的な光景だった。次に自らオマ●コを指で開いてもらう。「うう……羞恥……」字開足の中心部で縦割れの穴が開き、サーモンもも色色の肉が露わになる。カメラが寄ってみると、そこはうっすらと膣液に濡れていた。さらによく見ると、おまめちゃんも充血し頭をもたげている。「どうですか裸体を撮られて」「いや、もう……こんな撮られたことないから」照れ笑いにも艶が増していた。瞳は潤み、どこか切なげ。五十路主婦の表情は明らかに欲情していた……。

Up Next