おば様が殺到するマッサージ店の秘密 48歳豊満主婦編

オバサンからの予約が殺到しているというマッサージ店。人気の秘密はイケメンの施術師と『オパーイアップ施術』。マッサージだけで年齢を重ねたオバサンの垂れ乳を美乳に戻したり、ツルペタを豊乳へと導いてくれるのだという。イケメンのマッサージ師が盗撮していることに気づかず、やって来たのは歳の主婦。デカパイ、巨お尻の豊満カラダ。グラ男性器スではあるが、加齢のせいでおっぱいは萎み始めている。服を脱ぎながら、家庭の愚痴をこぼす奥さん。施術師は苦笑しながら「ストレスも肌トすこルに繋がりますからね。早速始めましょう」と台の上に寝るよう指示した。まずはアロマオイルを全身にまんべんなく塗り、おっぱいを揉み込んでゆく。男の手の形に合わせ、マシュマロおっ○いは蠢いた。全身の血行が良くなってくると、感度も上がる。奥さんを四つんばいにさせた男は、わいせつ指使いで蜜壺の入り口を弄りだした。「や、あ、止めてえ……」悶えて身を捩ると、シーツにちくびが擦れる。それが余計に爛れた愉悦を女カラダに与えた。さっきまではだんなに不満を持つおばちゃんだったが、今は完全に欲じょうした雌ネコ状態。男は指マンだけでなく、むっ塵おお尻に顔を付けおまめちゃんや肉ビラを舐め上げてゆく。「ひ…っ」スケベ過ぎる舌使いに、アラフィフ主婦は息も絶え絶えだった。「ああ…ッ」甲高い悲鳴を上げながら、オバサンは性の悦びへと昇りつめた。ぐったりした人づまの視線は、自然と男の股間へと注がれる。「オレのもしてくれますか?」イケメンマッサージ師がベットに上がり、おパンツを脱ぐ。四十路後半おばさんは、ネコのように姿勢を低くしながらマーラ様に舌を這わせた。筋張ったチンポは硬くそそり立ち、元気汁をキトウから滲ませている。「挿れますか?」男が尋ねると、人づまは無言で陰唇を開き、肉チ●コを内部に導いた。下からデカパイをすくい上げるように持ち上げ、男は丹念に揉み込む。小さめのちくびはツンツンに尖り、感じていること告げていた。だぶつく贅肉が波打ち、男が腰を突き上げる度にムッチムチの巨お尻が潰れる。後はい位のカラダ勢になると、ピストン運動はますます苛烈さを極めた。太っているだけ合ってチツ内は狭く、サオを強く締め付ける中々の名器。「ぐ、あ…ッ」豊満オバサンの肉壷にこれでもかと絞られた男は、無遠慮に子種を発射する。すぐにちんぽこを抜いて字開脚部で奥さんを座らせると、膣内射精された精液がすじマンの奥から溢れ出てきた。指でマンじると混ざり合った種汁をすくい、アラフィフおばさんに舐めさせる。「多量出ちゃったよ」「……嬉しかった」夫に女として扱われていない人づまは、膣内射精されたにも拘わらず無邪気に微笑んだ…。

Up Next